世田谷の哀川翔

スポンサーリンク
恋愛

スポンサーリンク

世田谷の哀川翔?

この↑男性をまず紹介します。

地元の青年団所属・祭り好き

世田谷育ちの3男坊

身長170cm

髪の毛は軽い天然パーマで茶髪

目はクリクリしていて一重二重

 

世田谷のある小さな電気屋から

下請けを貰ってエアコンの取り付けや

壁紙を張り替える内装業を

個人でやり始めたばかりの21歳の青年。

この青年のお話しになります。

 

以前に記事にした

UFОの円盤のような髪型をしたママと

キダタローがいる

歌舞伎町のお店のことを

覚えていらっしゃいますか?

そのお店が舞台です。

 

ある夏の暑い日

通いはじめたばかりの常連

彼氏がいないというある女の子

紹介するために連れて来られたのが

この青年

通称 Мっちゃん

 

この常連は

地元が同じで青年の兄と同級生である。

わたしは常連が

自分が指名している女の子を

なぜ青年に紹介するのか

気持ちがサッパリわからなかったが

ただ楽しく飲めればいいと

思っているタイプなのだろうと納得した。

 

常連の指名の女の子から

「今日紹介の人が来るんだ~!」と

聞いていたので

常連と一緒に店に来た青年を

わたしは離れた席から

紹介の子だぁと思って見ていた。

 

しばらくすると

わたしはその席から指名が入った。

義理の場内指名かなぁと思い

席につくと

青年からの指名だと常連に言われた。

 

どういうことかわからず

ん?と思いながら青年に挨拶をしたが

その青年は下を向き

右手を軽く握り、口元に置き

チラっチラっと女子のように

上目使いで恥ずかしそうに

わたしを見ているだけで

話すそぶりはなかった。

青年の態度を

見かねた常連から話を聞くと

店に入って席につき

「あの子がいい!」

わたしを指差したそうだ。

常連

簡単に常連の紹介もしておきます。

親が新宿で

印刷会社を営む御曹司の23歳。

身長170cmの

色黒・黒髪オールバック

90kgを超えた巨体のくせに

車はNSXに乗っている

通称 Yっちゃん

ご贔屓

あれから

ものすごいハイペースで

常連と青年はお店に通ってきた。

青年は

相変わらずわたしと話そうとせず

ゲームでわたしが負けると

頼んでもいないのに

代わりに一気飲みをして庇った。

 

そして夜も深い時間になってくると

酔った勢いで

わたしの服の裾をつかんで揺らし

上目使いで

「会いたかった・・」

かと思えば

両手を軽く握り、目の下に置き

わざと涙を流して

かわいこ振るアピール

まるで劇団ひとりサンの芸風のような

なんとも気色悪い男だった。

感情の変化

季節も変わり

衣替えも済み

上着なくして出掛けられない頃

青年は

エアコンを取り付けながら

「今日の〇〇時にお店に行くからね!」と

気さくに予約電話をくれたり

わたしの前で恥ずかしがらず

カラオケも歌えるようになっていた。

 

この頃にはわたしも慣れてきたのか

あんなにこいつ気色悪っ!

思っていた感情も消え

今日は来るかなぁ?

むしろ待つようになっていた。

これはほんとに単純接触効果としか

考えられなかったw

クリスマスイベント

どこの街でも

赤や緑の装飾とイルミネーション。

あちらこちらから聴こえてくる

毎年定番の

マライヤキャリーの曲。

お店で初めて

仮装クリスマスイベント

3日間やることになったので

当たり前のように

青年にもおいでね~♪と伝えていた。

誘われた同伴出勤

青年からイベントの日に

同伴出勤したいと云われていたので

車で迎えにくるのを待っていた。

「ピンポンパンポンピンポーン↑」

「ピンポンパンポンピンポーン↓」

インターホンが鳴った。

部屋は3階にあったので

電話くれりゃ~下まで降りたのによ~!

と思いながらも

「は~い♪」と云って玄関を開けた。

 

そこに立っていたのは

濃いめの紫色のスーツ

黒いサングラスをかけ

赤いバラの花束を持った

哀川翔?がいてw

デカめの声で

「好きです!

付き合ってください!」と。

まさかのタイミングの告白ではあったが

入念に策を練り

この日を迎えたであろう

誠実な彼の行動に

わたしは何も考えず

「うん。ありがとう」

渡された

赤いバラの花束を受け取った。

 

ここまでが青年との出会いから

お付き合いに至るまでのお話しです。

 

人間というものは

こいつありえね~わ!と思っていた相手でも

単純接触効果

人を好きになることがあるんだなぁ~と。

みなさんも

片想いのお相手がいるなら

試してみてはいかがでしょうか?

【単純接触効果とは】
何度も同じ人と接触することで相手への警戒心が減少し好意を持ちやすくなる事をいう

その後

この方とはその後

2年程お付き合いをし

お別れをしました。

しかしこの方と再会することになります。

 

その再会のお話しと

この哀川翔?

のサクセスストーリーを

またの記事で書こうと思います。

読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました