【驚愕】隣人は統合失調症の妄想を現実世界での出来事だと思っていた

スポンサーリンク
幼少期

スポンサーリンク

隣人は統合失調症の妄想を現実世界での出来事だと思っていた

アパートの隣人で

仲良しの年齢が同じくらいの姉妹がいて

姉妹の妹はまだ赤ちゃんで

よく姉と3人で遊んでいました。

 

ある日の夜中

ビックリして飛び起きるほどの

大きな叫び声がしてきて

父と母は

ホウキのような物をそれぞれに持ち

恐る恐る外に出て行き

わたしはその後をついていくと

そこには隣人姉妹の母親が

鬼の形相でガレージを指差し

「そごさキツネが

キツネがへぇって

いったすかー!!」

「そごさ、ほれぇ

そごさへぇっていったー!!」

「ギィャァァー!」

ほとんど父母もわたしも聞き取れず

何を言っているかわからなかったのですが

とにかく興奮状態で

ガレージにキツネがいると

大声で叫んで訴えていたようでした。

 

父がガレージを確認してみても

キツネなど何処にもいない。

興奮状態のその母親を

わたしの母が宥めてもなかなか静まらず

子供ながらに

その母親に対してものすごい違和感を感じた。

 

中学になった頃に

離れて暮らす母に

その母親と姉妹のことを聞くと

その母親は

育児ノイローゼだったそうです。

あの時感じた違和感は

そういうことだったのかと納得ができました。

 

確かに姉妹の部屋に遊びに行くと

足の踏み場がまったくなく

ものすごく散らかった部屋で

布団も敷きっぱなしで

台所には食器が散乱し

なにかが腐ったような臭いと

赤ちゃんの

ウンチの臭気がすごかったのを覚えている。

 

母から詳しく聞いた話では

旦那さんが関東に単身赴任をしていて

しっかり仕送りはされていたようですが

育児ノイローゼから

お金の管理や掃除などできなくなり

 

何度も部屋を掃除しに行ったり

わたしたち姉妹のおさがりをあげたり

食事の世話や

お金も貸していたと話してくれた。

その後

その母親は今でいう

統合失調症で施設に入ることになり

子供達は父親が引き取り

育てることになったそうです。

 

当時はただただ

恐ろしい母親にしか思えませんでしたが

今思うと

子供を1人で育てるというストレスや

そばに支えてくれる人が居ない寂しさから

病気になってしまったのではないかと思うと

やりきれない気持ちになりました。

 

そして月日は随分と流れ

わたしの母も・・

それはまた別の記事で書こうと思います。

統合失調症ってなに?

わたしは統合失調症で苦しんでいる方々と

じかに時を過ごした経験が数年あります。

誰も話しかけたりしていないのに

「いま警察の署長さん

が尋ねてくるって言ってきた」

「〇〇さんが泣いている声がする」

などの幻聴。

「娘がお金がなくて餓死寸前だ。

だから助けに行かなきゃ!」

「お腹に赤ちゃんがいるから

私がお風呂に入ると溺れて死んでしまう!」

などの妄想から入浴を拒否することもあり

本人にはそれが

現実のことに思えているようです。

 

黙っていれば

統合失調症を患っているとは思えない程

何事もなく穏やかに過ごされる時もあり

とても波のある

疾患だなぁとわたしは感じました。

ただ、

1度症状が出始めると落ち着くまでに

かなりの時間がかかってしまい

本人も周りを取り囲む人もとても疲労し

大変な思いをされてしまう病気です。

原因

もともと明るく社交的な元気だった方も

なにかしらのストレス等から

発症してしまうようで

統合失調症の原因は

残念ながら明らかになっていないそうです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました