夜の蝶は布団の中

スポンサーリンク
大人
スポンサーリンク

夜の蝶との出会いとデビュー

15歳の頃、

十和田市という所に住んでいた。

若過ぎることから昼間の仕事は少なく

困っていたわたしは

隣人で母子2人で

細々と暮らしていた母親の

友人が経営する「道化師」と書いて

ピエロという職場を紹介してもらい

面接に行くことになった。

 

店主は

身長150cmあるかないかの

小太りで髪の毛は肩下ほどあり

ソバージュをかけた

40半ばの黒髪の女性。

目は二重でクリっとしていて

気さくな感じのいい人だった。

 

その職場の

出入り口はカランコロンと鈴が鳴り

ビジネス街や商店街

明るい町並みから

少し外れたところにある古く小さな

メゾネットタイプの建物でした。

 

ママはわたしに

「年齢を誤魔化して働きなさいね」

といって採用してくれた。

これがわたし

水商売デビューになる

常連客と不信感

お客さんは30代~60代が多く

15歳のわたしには全員が

おじさんやおじいさんに見えていました。

一見の客はめったに来ることがなく

少ない常連客を相手にする日々。

常連客とママは

「スーさん、ほらいつもの18番歌って~」

「ママ~デュエットしようよ~」と

わたしの知らない歌をうたっていた。

 

この頃に18番(おはこ)の意味を知った。

 

いつの間にか

わたしは短い期間でデュエット曲では

北空港・居酒屋・ふたりの大阪

今夜は離さない

いつでも夢を・カナダからの手紙

別れても好きな人

3年目の浮気・恋の町札幌などなど

たくさん覚えることができた。

 

ある日

お店に出勤し挨拶をすると

ママの返事が2階から聞こえ

しばらくすると

「掃除をしてたのよ~」と

嬉しそうに1階に降りてきて

ママの鼻歌を聞きながら

開店準備をした。

相変わらずその日の営業も

いつもの顔ぶれで

最後のお客さんが1人になり

少し早閉めをして

3人で居酒屋に行くことになった。

 

しばらく食事をしていると

お店にいた時と

二人の雰囲気が

変わったように思えてならなかった。

なんとなくの不信感がありながらも

わたしは家路についた。

2階の部屋の秘密

次の日、出勤すると

開店前なのに昨日のお客が

もう店にいた。

ママが2階から降りてきて

なにやら気まずそうにしていた。

ママの髪型が

どうもセットしたようには思えず

ん?と思い

よくよく見たら昨日と同じスーツを

二人とも着ていた。

読んでいる方もお気づきだと思いますが

あれから

この二人は2階の部屋で

性〇為をしていたのだ!

アチャー!!そゆことか~!と思ったけど

ママには旦那も娘も居て

お客さんにも家族がいるのを聞いていた。

しかもこの人の職業は警〇官

15歳のわたしは

軽蔑し呆れ返りその日は

ムスーとした顔で1日働いた。

 

わたしはどうしても2階の部屋が

気になって気になって仕方なく

合鍵も持たせられていたので

次の日にママよりだいぶ早く出勤し

2階に上がってみた。

 

するとそこには

6畳ほどの部屋があり

家具等は一切なく

布団1組だけ敷いてあった

見たときは体がフリーズして

二重が一重になったよホント。

道化師閉店→職場斡旋

ママからお店を閉めると聞かされた。

そりゃ~店でこんな情事をしてるんだから

閉店にもなるだろうよ!と思ってしまい

同情のかけらもなく

自分の身の振りを案じた。

するとママは

「世話になれる店がある

〇〇ちゃんも働けるように

話はついているから安心して」と。

ママ優しい!やったー♪と思って

その店で働くことになるんですが

働き出してから

この紹介の恐さを知ることになる。

 

それはまた別の記事で書きますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました