卒業アルバムの恋心はb’zの彼?~新聞配達バイト編~

スポンサーリンク
恋愛

 

スポンサーリンク

恋心はb’zの彼?

中学のとき

新聞配達のバイトをしていた。

女の子はわたしと友達の二人だけ。

他は中学生の年下男子~

専門学生などが多かった。

 

女の子が二人しかいないため

みんな優しく接してくれていて

その中でも整備士を目指す専門学生の

えった」というあだ名の人には

とくに可愛がられていた。

バイクで迎えに来て

一人暮らしの部屋にも

遊びに連れて行ってくれるほどだった。

良きお兄ちゃんが出来たと

わたしはとても嬉しかった。

 

ある日

高校の卒業アルバムを新聞屋に持ってきて

わたしに見せてくれた。

 

えったのクラスを見ていたとき

目に留まった人物がいた。

「この人は~?」となにも考えず聞くと

「同じ専門通ってて

もうひとつの営業所でバイトしてるよ」

「あれ?〇〇ちゃん知らなかったっけ?」

「〇浜はよくここにも来てるよ~!」

えったの声が耳に入っていこない程

わたしはその

アルバムの中の人から

目が離せなくなっていた・・

タイミングと恋心

そんな話をしていたとき新聞屋の前に

b’zの曲が流れた車が止まって

中に入って来たと思ったら

その人は「おー!えったー!」と

白い歯で笑顔を見せた。

 

えったはわたしに

「ほら!言ってた〇浜だよ」と

そしてその彼に

「バイトに来てる〇〇ちゃんだよ」と

わたしを紹介した。

 

この時わたしはもうすでに

この人のことを好きになっていた。

 

それからは

えったと営業所の会を通して

何度も交流があり

どんどん彼に夢中になっていった。

 

そのことを

一緒にバイトをしている女友達に伝えると

なんと彼女も

彼のことが好きになったと言ってきた!

さすがにマジでか~!と思ったが

公平にするため二人で

2つ条件を作った。

 

1:告白は

お互いすきなタイミングですること。

2:どちらかが

付き合うことになっても祝福すること。

 

こんな話しを友達としていたが

彼がすごく大人に感じて

セーラー服を着ていたわたしには

見ていることしかできなかった。

女心と火傷

夏祭りの季節になり集会場の外で

祭りの参加者たちと横笛の練習をしていた。

そこにたまたま憧れの彼がバイクで通りかかり

わたしに気づきバイクを止め

声をかけてくれた。

もう有頂天で

なんの会話をしたかは定かではなく

ただ少しでも1ミリでも

彼に近づきたい一心で体を寄せた

そのとき

 左足の

 ふくらはぎの外側に

 衝撃的な

 痛みが走った!

マフラーに

自らくっついて火傷をしてしまい

ギャー!と叫びたいくらい痛かった。

ダサすぎだし

自分のバイクで火傷したとなると

彼が気にしてしまうのではと思い

言えずに痛いのを堪えて

平然を装い会話をした。

告白と彼の返事

夏祭りも終わり火傷もなおった頃

気持ちを我慢できなくなったわたしは

告白することを決意して

告白の仕方を考えた。

 

彼のアパートは中学に通う道路沿いの部屋で

駐車場もそばにあり

帰宅しているのは確認できる。

目の前で告白し

振られたら気まずいと思い

向かいのパン屋の前にある公衆電話から

告白をすることに決めた。

 

ある日の学校の帰り

セーラー服を着たまま

受話器を握った。

 

彼:「もしもし?

私:「もしもし〇〇ですけど・・

彼:「〇〇ちゃん、どうしたの~?」

私:「お話があるんですけど・・」

しばらく沈黙・・・

もういいや!当たって砕けろー!!と

 

私:「〇浜さんのことが好きでした!」

「わたしのことどう思っていますか!」

少し間が空き・・

彼:「ん~?何とも思ってないな~」

「まー!でも付き合ってみる?」

と軽くお気楽な感じで言ってのけた。

「・・・・・」

言葉がしばらく出てこなかったが

目の前で電話をしてることを伝えると

窓を開けて笑顔で部屋においで~♪と

手を振りながら誘われ

素直に部屋に行ったものの

ものすごく照れくさかった。

 

顔を上げることができないでいるわたしを

面白がるかのように

彼は下から顔を覗き込み

えったは〇〇ちゃんのことが

好きみたいだけどいいのかな~?!」

と笑った。

 

ここからだんだん

彼のことを知ることになるのですが

後にも先にも

断トツ!

歴代の中で

ワーストワンの彼氏

となっていきます。

それはまたの記事で書きたいと思います。

コメント

  1. タマ より:

    続きが気になる〜(」゚□゚)」「まー!でも付き合ってみる」ってなんなんだよー
    ( ;゚³゚)

タイトルとURLをコピーしました